MLB プロ野球

吉田輝星の1年目の予想まとめ!ダルビッシュ1年目を振り返る!

投稿日:

北海道日本ハムファイターズ・ドラフト1位の吉田輝星投手(秋田県立金足農高)が6日、千葉県鎌ケ谷市にある球団寮「勇翔寮」に入り、いよいよプロ生活のスタートを切りました。割り当てられた部屋はダルビッシュ、大谷投手ら歴代エースと同じ「404号室」。球団やファンの熱い期待を背負う吉田輝星投手、1年目はどんな活躍をするのでしょうか。ダルビッシュ投手の1年目を振り返りつつ、予想してみました。

asu
9日からの新人合同自主トレが実質始動ね!

吉田輝星の1年目の予想

昨年夏、第100回記念の甲子園大会を決勝まで1人で投げ抜き、常勝スター軍団大坂桐蔭と対峙した吉田輝星投手。金足農は「公立校の星」となり〝金足農フィーバー〟が全国で沸騰したのは記憶に新しいところです。

日ハム寮で入居する404号室は、まさにチームの「投手出世部屋」。昨年1月までは大谷翔平投手が使用していましたがその後空室になっていました。隣の403室の住人は、前年ドラフト1位の清宮選手です。

吉田輝星投手は「自分もしっかりやってダルビッシュさんや大谷さんのように活躍できたら。しっかりやれば出世できるってイメージは、すごくあります」と自信も垣間見せ、隣の清宮選手にも「打者からの見方とかも聞けたら」と積極的に助言を求める考えを示しました。

早速元日から10kmの走り込みを始めている吉田投手。まずは球団施設での自主トレで体を仕上げて、キャンプや2軍で力が試されることになります。2軍で結果を残し、一日も早く1軍マウンドに上がれるよう取り組んでいくことが、ルーキー吉田輝星投手の当面のテーマとなりそうです。

過去の高卒ルーキーの例を見れば、夏頃までに1軍に上がり、シーズンで10試合程度登板して4、5勝もすればかなりの「成功」の部類だといえます。

身長はあまり高くないものの下半身が強く150km台の速球もある吉田輝星投手だけに、ファンの間ではダルビッシュ投手の1年目並みの活躍を予想する声も多いようです。

ではそのダルビッシュ投手のプロ1年目を振り返ってみましょう。

ダルビッシュの1年目からブレイクまでを振り返る

吉田輝星投手と寮の同じ部屋にいた大先輩のダルビッシュ投手。吉田投手の1年目の予想に役立つかどうか、日ハム時代の1年目からブレイクするまでの道のりを辿ってみましょう。

大阪府羽曳野市生まれのダルビッシュ投手は現在32歳。宮城・東北高に入り、甲子園に4度出場して「超高校級投手」と注目され、2004年のドラフトで日ハム単独1位指名を受け入団しました。

05年1月に入寮。ところが自主トレ中に右膝をケガしたため、キャンプは2軍スタートに。リハビリを続け、5月に2軍登板すると完封勝利などで実績を挙げ、6月に1軍昇格同月15日の対広島戦で初登板初先発し、見事プロ初勝利を挙げました。

その年は早くも先発ローテーションに定着1年目は14試合登板で完封を含む5勝5敗の成績でした。そしてダルビッシュ投手は2年目の06年に完全ブレイク。24試合に登板して2完封を含む12勝。以後、NPB最終年となる11年まで、毎年二桁勝利、防御率もずっと1点台という圧巻の成績を続けました。

この間、第2回WBCにも代表として出場。決勝ではサプライズで抑えに登板し、胴上げ投手になったことも経歴に花を添えました。

吉田輝星1年目のネットの予想まとめ

最速152キロのストレートとスライダーは一級品。ほぼ完成されているといっていい
早ければGWくらいに一軍デビューし、1年目から7、8勝する力は秘めている
高卒1年目で7、8勝なら新人王もイケる!楽しみですね
「1年目10勝」金農・吉田輝星投手、後悔ないプロ挑戦
吉田は斎藤佑樹よりもストレートの質がいい。ホップする球はプロでも空振りが取れる
元旦の新聞に吉田くんのインタビュー載ってて、1年目はこうなりたい、3年目はこうなりたい、10年目はこれ!ってちゃんと明確な目標持ってて素敵だなって思った
10勝は無理だよ!周りの大人がその気にさせて、後々の人生を狂わすようなことをしてはいけない
焦るな!2勝くらいで十分
巨人・阿部「根尾が1年目から活躍するのは厳しい。吉田輝星は直球次第で可能性がある」
吉田輝星くんは日ハムに行けて良かったと思います! ちなみに大谷さんのプロ1年目はすごく細かった!

出典:twitter

まとめ

入寮に際し、吉田投手は体だけでなく心の「宿題」も済ませてきたそうです。昨年11月に栗山監督から手渡された本「小さな人生論」に、監督の指示通り自分の人生の約束を書き持参。その言葉は「『満足しない』と、たくさん支えてくださる方へ『感謝を忘れない』」だそうです。

東北の高校卒、甲子園で準優勝、日本ハムドラフト1位…。共通点が多い吉田投手とダルビッシュ投手。ダルビッシュ投手は高校時代からケガに悩まされてきましたが、吉田投手はくれぐれもケガには気をつけて充実したプロ生活を送ってほしいものです。

asu
ここ何年も毎年!またまた鎌ケ谷フィーバーになりそう!

■関連記事

錦織圭はイップス克服を本当にした?2019年残り2つの課題とは

菊池雄星とイチローの仲は?面識はあるか調べてみた

オープナーとは?日本の野球でも取り入れた事例を紹介!

-MLB, プロ野球

Copyright© OREASU , 2019 All Rights Reserved.